妊活サプリや病院で不妊治療を受けて元気な赤ちゃんを産もう

サプリメント

心身ともに負担

卵子提供による体外受精の成功率

夫婦

晩婚化などを背景に、なかなか子供を授かれない方が増えています。そのため不妊治療を行う夫婦も増加の一途をたどっています。不妊の原因はさまざまですが、卵子老化により自分の卵子では妊娠できないといったケースが増加しています。不妊治療は心身ともに負担が大きく、時間もかかるため経済的負担も長期に渡ります。 海外では不妊治療の一つとして卵子提供による体外受精が広がっています。卵子提供による体外受精の場合、初期費用はかかりますが成功率が非常に高いことが特徴です。公表されている数字では、だいたい75%をくだらないようです。妊娠可能な年齢が限られることから、従来の不妊治療を諦め体外受精を希望する人が増えているようです。

ドナー紹介から医療機関まですべてコーディネート

残念ながら日本では体外受精が事実上認可されていません。そのため体外受精をする場合には海外で行う必要があります。そういった仲介をする業者も多数あります。卵子提供をするドナーは現地で登録した女性以外に日本人ドナーもいます。日本人の場合、ドナーとなる女性が渡航して卵子を提供します。日本人ドナーを専門に仲介する業者もあります。海外の病院ですので不安があるかとは思いますが、日本人スタッフが医師の診察の際も同行しますし、ドナーのプロフィールや血液型などの情報が開示されますので安心できます。渡航は2回必要です。1回目はドナーの選択が中心となります。2回目の渡航で卵子提供による体外受精をします。1週間程度の滞在となります。費用は渡航先にもよりますが、数百万円からと言ったところです。

卵子提供に必要な費用とは

医者

近年日本では晩婚化が進み、それにともなう妊娠率の低下から不妊治療を行う夫婦が増えていると言われています。 しかし不妊治療は治療費が大変高く、期間も長引く可能性があることから、経済的にも精神的にも負担の大きい治療です。

Read More

卵子提供にかかる費用

医者

子供を望む夫婦にとって不妊治療は経済的にも精神的にも負担の大きいものです。 卵子提供治療は日本ではまだ認可されていませんが、アメリカやタイなどではすでにメジャーな不妊症治療の一つです。

Read More

ドナーとして提供する

医者

不妊治療を行っている人に対して卵子提供をするドナーがいます。妊娠を望んでいる人にとって、ドナーはとてもありがたい存在です。提供をしたいと考える人も多くいるでしょうが、まずは卵子提供について詳しく知っておくことが大切です。

Read More